アメリカーナ / Americana

アメリカーナ / Americana

和名ではアオノリュウゼツランとも呼ばれ、昔から日本にあるアガベです。

名前アメリカーナ / Americana
自生地アメリカ南部、メキシコ
耐寒性-10℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:1.2~1.8m
幅:1.8~2.4m

アメリカーナ・マルギナータ / Americana var. marginata

アメリカーナの中で一番最初に日本に入ってきました。斑入りのほうがリュウゼツランと呼ばれ、斑のないアメリカーナがアオノリュウゼツランと呼ばれています。

名前アメリカーナ・マルギナータ / Americana var. marginata
和名ではリュウゼツラン
「アメリカーナの斑入り」と呼んだりもします。
自生地アメリカ南部、メキシコ
耐寒性-10℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:1.2~1.8m
幅:1.8~2.4m

アメリカーナ・ストリアータ / Americana f. striata

一口に縞斑といっても、個体によってさまざまな変化があります。

名前アメリカーナ・ストリアータ / Americana var. striata
「アメリカーナの縞斑」と呼んだりもします。
自生地メキシコ
耐寒性-5℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:1.2~1.8m
幅:1.8~2.4m

アメリカーナ・華厳 / Americana Medio-picta ‘Alba’

アメリカーナの白中斑のタイプです。
斑が入っている分、普通のアメリカーナよりは葉が傷みやすいです。それでも十分に地植え可能な強さを持っています。

名前(学名)アメリカーナ・華厳 / Americana Medio-picta ‘Alba’
自生地メキシコ(アメリカーナの園芸品種の1つ)
耐寒性-5℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:1.2m
幅:1.8m

アメリカーナ・那智の輝き(なちのかがやき) / Americana ‘Nachi no kagayaki’

アメリカーナの黄中斑のタイプです。
斑が入っている分、普通のアメリカーナよりは葉が傷みやすいです。それでも十分に地植え可能な強さを持っています。

名前(学名)アメリカーナ・那智の輝き Americana ‘Nachi no kagayaki’
(アメリカーナの黄中斑はAmericana var. Medio-picta ‘Aurea’とも。)
自生地メキシコ(アメリカーナの園芸品種の1つ)
耐寒性-5℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:1.5m
幅:2.4m

アメリカーナ・コーネリウス / Americana ‘Cornelius’

アメリカーナの中では小型のタイプです。葉のふちが波打つのが特徴です。

名前アメリカーナ・コーネリウス / Americana ‘Cornelius’
自生地メキシコ
耐寒性-5℃
※雨や霜、風など、環境に左右します。
耐暑性強い
最大サイズ高さ:60cm
幅:1.2m

各アガベの育て方については次のページをご参考ください。
アガベ図鑑:https://togemaru.jp/agave/type

アガベに関する用語については次のページをご参考ください。
アガベの用語集:https://togemaru.jp/glossary